私のこれまでと今
Yoshi's Biography
■All rights reserved, Copyright(c) 2004-2008 YOSHIHIKO ITO■

Hip Adduction by Paired Up
写真の上にマウスを合わせると、画像が動きます。
内転筋群を鍛えるトレーニングです。Manual Resistance Trainingの要領で行いますが、Adductionのときは、足を閉じていく方向のみ負荷をかけます(足を上げていく動作では、ほとんど負荷をかけることなく、自然に足を上げさせるようにします)。
パートナーは、膝と足首の内側部分に手を置き、実施者が足を下ろそうと力を入れてくるのに対して、適度な負荷をかけます。
他の臀筋のトレーニングと同じように、パートナーは負荷を上手にコントロールして、実施者が可動域全般を使って動作を行えるように、特に“はじめ”と“おわり”の辺りのポジションでは負荷を配慮してかけます。
Hip Adduction by Yourself
1人で実施する場合は、写真のように、市販のアンクルウェイトを足首に巻いて実施します。この場合は、上の足を45度上方に上げてキープしておきながら、下の足を上につけていくようにします。他のトレーニングと同様に、重量のついている足をストンと下へ下ろさないように注意し、しっかりと力を入れながら丁寧に下ろしていきます。
Hip Extension with Tubing
臀部の筋肉を鍛えるトレーニングのバリエーションです。写真のようにチューブを足に巻きつけ、四つん這いの姿勢から片方の足を斜め上方外側に伸ばしていきます。伸ばしきったところで、臀部の筋肉(特に大臀筋)がしっかりと収縮していることを確認します。

伸ばしきったポジションから、足を四つん這いの姿勢に戻していく際にも、しっかりと力を入れながら足を元に戻していきます。動作の間中、背中が丸まってしまわないよう注意します。
Reverse Lower Back Extension
写真の上にマウスを合わせると、画像が動きます。
腰背部、臀筋群のトレーニングです。写真のように上半身でしっかりとベンチを抱え、体を固定します。そこから、足を上方斜め上に向かって伸ばします。全体の動作を丁寧に行い、腰を痛めないように行います。トップのポジションで、臀部をしっかりと締めるようにします。
モデル協力: 高野恵美、松丸清美、塩田紘子